人形工房 松寿

「人形工房 松寿」の始まりは
昭和35年(1960年)まで遡ります。
この時、先代の「小出 愛(こいでめぐみ)」が
大阪府東大阪市足代にて松よし人形店を開店しました。
3年後の昭和38年、現主宰である
「小出 松寿(こいでしょうじゅ)」が
松よし人形店を継ぎ、尾山人形の製作に打ち込みました。
それから、現在に至るまで
雛人形、市松人形、球体関節人形など…
その時々のライフスタイルに合わせて
さまざまな人形を作ってまいりました。
今も時代に合わせて進化しながら、
同時に昔から受け継がれた技術を大切にしながら
日々人形づくりに勤しんでおります。

現在、7名の節句人形工芸士を中心に
松寿の人形は生み出されています。

創業から変わらず大切にしていることは
人々に愛されるお人形。
特にお人形の「お顔」にはこだわりがあります。
美しく、気品があり、優しさを兼ね備えたお顔を
ぜひご覧下さい。

製作紹介 » 製作紹介ページへ

大阪府東大阪市にある工房では
直接お人形をご覧いただくことができます。
シーズンによっては展示をお休みしている場合もございますので
事前にお電話いただくとスムーズです。

» 工房についてページへ